水素濃度3.0ppmトラストウォーターお試しセットを飲んでみた感想

水素濃度3.0ppmトラストウォーターお試しセットを飲んでみた感想

トラストウォーター

 

九州アルプスの別名を持つ【大分くじゅう連山】の純度の高い天然地下水で作られた水素水です。

 

充填時の溶存水素濃度3.0ppmを開ける瞬間までキープできるように、水素の逃げ道である飲み口まで取っ払ってしまいました。

 

通常のアルミパウチよりも水素が逃げにくい構造になっているため、本物の水素水を試したい人にはオススメの水素水です。

 

トラストウォーター

 

 

トラストウォーターは、楽天やアマゾンで購入できないため実際の口コミがほとんどありません。そこで、トラストウォーターのお試しセットが200ml×15本 1800円で購入できるので、早速注文してみました。

 

 

商品の到着状況から、トラストウォーターの保存方法などを紹介していきます。トラストウォーターを購入しようか検討している人は参考にして下さいね。

 

トラストウォーターお試しセット体験レビュー

 

注文してから一週間で到着しました。もう少し早めに送ってくれると嬉しかったのですが、人気商品なのでそこは我慢ですね。

 

商品画像

 

水素水トラストウォーター

 

トラストウォーターは硬度26の軟水なので飲みやすそうです。

 

飲み口の付いていないタイプなので、コップに移して飲む必要があります。外出時に持って行くには向いてませんね。

 

 

商品パッケージ裏面

 

水素水トラストウォーター

 

栄養成分表示(100ml当り)はこのようになっています。

 

エネルギー 0kcal
たんぱく質 0.1g
脂質 0.1g
炭水化物 0g
ナトリウム 0.50mg
カルシウム 0.63mg
マグネシウム 0.26mg
PH 6.34
総硬度 26mg/l

 

 

 

開封

 

水素水トラストウォーター

 

 

開封後にどうしても飲みきれないときは、このように保存していました。空気をしっかり抜いて留めれば、水素濃度は3時間程度持つでしょう。

 

切り口が結構大きいので、14cmくらいのクリップじゃないとうまく留めれませんでした。(画像のクリップは14cmです。)

 

水素水トラストウォーター冊子

 

商品に同封されていた冊子です。

 

水素水トラストウォーター冊子イラスト

 

こちらの冊子が水素水の効果について非常に分かりやすくまとめられています。イラスト付きで、私でも簡単に理解することが出来ましたよ!(笑)

 

飲んでみた感想

 

開け口のところに書いてある点線に沿ってあけないと水が出てこないことがあります。最初、私は失敗してハサミであけました。まあ、普通に開ければ問題ないと思いますが。

 

硬度26度の軟水なこともあり、飲みやすさは抜群。色々な水素水を飲んできましたが一番おいしいと感じましたよ。

 

トラストウォーターのまとめ

 

トラストウォーターのデメリットは、飲み口がないという点です。

 

  • 外出時には向かない
  • 毎回コップに移す作業がある
  • 保存がしにくい

 

上記のようなデメリットがあります。

 

逆にメリットは飲み口がないことによる、高濃度の水素水を飲めるという点です。

 

  • 高濃度水素水が飲みたい
  • 水素水は外出時に飲まない
  • コップに移す作業が苦にならない
  • 保存するときはクリップで平気

 

という人にはトラストウォーターがおすすめです。

 

最初に飲む水素水は実感しやすい高濃度水素水がいいですよね。

 

トラストウォーター